順天堂大学脳神経内科

順天堂医院脳神経内科では入局希望医師(研修医)、治験希望患者さんを募集しております


Powered by Google
〒113-8431 東京都文京区本郷3-1-3 TEL03-3813-3111(大代表)
  研修医・学生の方へ治験希望の方へ業績在宅医療について関連病院一括同窓会
  専門外来  

運動障害疾患・不随意運動外来

 
運動障害疾患・不随意運動とは
運動障害には、動作が遅くなったり減少したりする運動減少症と、自分の意思とは関係なく、体が勝手に動いてしまう運動過多症があります。運動減少症の代表はパーキンソン病があります。一方で、運動過多症は、不随意運動とも呼び、体の一部だけ(手の震えや、顔のピクツキ、足のむずむずする感じ等)の軽微なものから、全身に及ぶ重度なものまで含まれ、日常生活が不自由になっておられる方もいらっしゃいます。主な不随意運動の種類としては、振戦(ふるえ)、舞踏運動・バリスム・アテトーゼ(踊るような、くねるような不規則な動き)、ジストニア(ねじれたり、おかしな姿勢で固まるような動き)、ミオクローヌス(ぴくつく動き)、チック(特定の動作を行ったり、音声を発したりするのが止められない)、ジスキネジア(薬剤によっておこる不随意運動の総称)などがあります。不随意運動の原因はさまざまで、その診断には専門的な知識を要します。また、パーキンソン病などの神経疾患の初発症状であることも多く、原因の特定が重要になります。外来では神経学的診察のほか、血液検査、画像診断、電気生理学的検査、ビデオ撮影などによる症状の詳細な解析が必要となります。

【治療方法は?】
原因となる疾患により、内服薬によるもの、注射によるものなど様々です。気になる症状がございましたら、まずかかりつけの医師にご相談ください。専門的な治療が必要な場合は、診療情報提供症(紹介状)をご用意の上、不随意運動外来の初診の予約をご予約下さい(予約は脳神経内科外来にお電話でおとりすることができます)。

運動障害、不随意運動などに関する相談について、オンラインセカンドオピニオンも行っています。
ご希望の方はこちら




 
  学校法人順天堂医学部医学部神経学講座大学院医学研究科順天堂医院附属病院マップEnglish  
 
Copyrght(C) 順天堂大学医学部附属順天堂医院 All rights reserved. Produced by FARO