順天堂大学脳神経内科

順天堂医院脳神経内科では入局希望医師(研修医)、治験希望患者さんを募集しております


Powered by Google
〒113-8431 東京都文京区本郷3-1-3 TEL03-3813-3111(大代表)
  研修医・学生の方へ治験希望の方へ業績在宅医療について関連病院一括同窓会
   

入局説明会

 
内 容
以下の日程で医局説明会を行います。
第1回医局説明会:2019年5月10日(金) 18:00〜
第2回医局説明会:2019年7月12日(金) 20:00〜

研修医1年目・研修医2年目・すでにキャリアのある先生方、どなたでもお気軽にご参加ください。
説明会の後に開催される、無料のお食事会にも是非ご参加ください。楽しい会の中で、入局した若手医師から実際の話などを聞くことができます。服部教授をはじめ幹部と具体的な将来の相談もできます。海外に行ってみたい先生は、実際に海外留学を経験したスタッフとお話をしてみてください。どんな事でもお気軽にご相談ください。毎年全国の研修医の先生方がご参加してくださっています。

以下の連絡先まで、ご連絡をお待ちしております。早めのご連絡をお待ちしております。
タイミングが合わない先生方は、個別にご訪問していただき、対応が可能です。
遠慮なく、以下までご連絡ください。

担当 大垣光太郎 koogaki@juntendo.ac.jp



研修医・既に他学でキャリアのある先生方へ
-当教室の紹介-
見学希望の方はいつでもご連絡ください。

世界に通じる神経内科医・科学者育成を目標としています。
・遺伝子から、病態解明、創薬、そして行政まで、すべてを行う教室を目指しています

順天堂大学脳神経内科は日本で5番目に開設された神経内科で、私学では最も歴史のある講座です
・2018年に講座開設50周年を迎えます

学閥にとらわれない神経内科スペシャリスト集団

・半分以上が他学出身です!

各自のキャリアデザインにあわせた柔軟なローテーションを準備しています
新専門医制度にも対応!
女性医師の環境整備にも医局全体で取り組んでいます




米国の研修システムを基にした特徴的なチーフレジデント制
・入院患者さんを2~3人のチーフレジデントが担当し,研修医・レジデントの指導にあたり、指導医がこれをサポートするシステムです。
・チーフレジデントは通常よりも多くの症例を経験することができます。
・日本神経学会の神経内科専門医の研修目標の全てを達成できます。
・専門医取得率は100%です。
◆ レジデントの声はこちら




当科で取得できるテクニック
・神経診察技法の確実な習得
意識障害の原因、評価、診断の難しい症例への対応
Neurological emergencyへの適切な対応

・脳卒中など急性期疾患への対応
一次予防、急性期治療、再発予防、認知症、機能回復
tPA静注療法、希望者は脳血管治療専門医取得
神経超音波(頸動脈、経頭蓋、経食道心臓、下肢静脈エコー)

・脳画像の読影ができるようになる
脳・脊髄MRI、頚動脈、経頭蓋超音波、脳血管造影

・腰椎穿刺
採血などと同じようにルーチン検査として行える
姿勢が取れない困難例などでも採取できるようになる

・筋生検、神経生検
神経、筋疾患の診断に必須、内科系疾患の確定診断
(血管炎、アミロイドーシスなど)にも必要

・気道確保、呼吸管理
中枢神経障害による気道閉塞、呼吸抑制、神経筋疾患による呼吸筋減弱などに遭遇することが多くこれらの対応に強くなる

・CVライン確保
重症患者や仮性球麻痺などによる嚥下障害を呈する例が多くCVラインを確保する機会が多い


後期研修終了後の大学院での研究テーマも充実しています。
 研究テーマ


研修後は世界中に留学が可能です
・世界中の研究機関との幅広いネットワークがり、大学院卒業後・在学中にも海外留学も可能です。
・これまでの留学実績

北米を中心に、ハーバード大学、メイヨークリニック、フロリダ大学、NIH、UCLA
エモリー大学、ロンドン大学、カルガリー大学、サルトペリエール病院など


 
  学校法人順天堂医学部医学部神経学講座大学院医学研究科順天堂医院附属病院マップEnglish  
 
Copyrght(C) 順天堂大学医学部附属順天堂医院 All rights reserved. Produced by FARO